ポイントは明るさと時間

こんばんは。週一の会社ブログも習慣化させたいgendです。

帰宅後、親父が録画していた情報バラエティー番組を見ました。
番組名は知りませんが、「ソントク」を提供する感じのです。
見るつもりなかったんだけど、夕飯後見てたら意外と面白そうだったので。

テーマは「お役所のソントク」と「睡眠のソントク」でした。
お役所はともかく、睡眠のソントクについては是非知りたかったので、
どんなソントクなのかワクワクしてました。

…が、全部知ってる情報ばかりでした。
寝る少し前から部屋を暗くする、睡眠時間は90分の倍数。
いずれも随分前に購入した本に書かれてあったものでした。

部屋を暗くするっていうのは、寝る3時間ほど前から
リビングを暗くすると快適に眠れるというもの。

一般的なリビングの明るさが約800ルクス程度ですが、
これを約200ルクスぐらいまで照明を落とすのです。
200ルクスは、ホテルの部屋の明るさとほぼ同じらしい。

セロトニンというホルモンが関係しているみたいですが、
このホルモンが出るほど眠気が増してくるみたいです。
その辺の詳しい説明は割愛。

自分の部屋でもすでに部屋を薄暗くすることは実施してましたが、
それでもまだ睡眠がイマイチという感じがしていたので、
天井の照明を消して、電気スタンドだけスイッチを入れてみました。

直接スタンドの光が目に入っては本末転倒なので、
スタンドを天井に向けて部屋全体をぼんやりと明るくさせました。
いわゆる「間接照明」ってやつです。

その効果があるかどうかは今後しばらくの睡眠が証明するでしょう。
しばらくはこの間接照明で寝るまでの時間を過ごすことにします。

ところで、200ルクスは本当にぼんやり明るい程度なので、
この時間帯にテレビをつけてゲームなんかしたら意味ないですよね。
そう考えると、夜中のゲームは自重すべきなのでしょうか…ううむ。

もうひとつの90分の倍数の睡眠時間というのは、
これは読んで字のとおりです。目覚めが最もよくなる時間らしいです。
つまり、3時間、4時間半、6時間、7時間半…となります。

やはり睡眠時間が6時間というのは理にかなってるんだなー。
考えてみたら自分の睡眠時間は、いつも5時間とか中途半端な時間だし。
だから寝起きも悪いのかなぁ。

起床時間から逆算して午前1時半には寝るようにしないと。気をつけよう。

伯仲の120分

こんばんは。社会人になってから私はずっと「水筒男子」のgendです。

既にご承知の通り、岡田ジャパンはベスト8進出ならず!
私も今回だけは初めから見なければと思い、
11時にテレビの前にスタンバってました。

互角のいい勝負をするだろうなぁとは思ってましたが、
まさか延長戦に突入してPKにまでもつれ込むとは思わなかった…。

0-0という拮抗した状態の中、
120分もの間、よく集中力を切らさずに戦えたと思います。
お互い防御力のあるチームなので、一瞬の隙を窺っていたのでしょう。

ゴールポスト直撃の惜しいシュートもあれば、
パラグアイの猛攻を耐えしのいだファインプレーありと、
120分間があっという間に過ぎていってしまいました。

PKは運も絡んでくるということみたいなので、
あのシュートが入らなくても責めることなど出来ません。
どちらが勝ってもおかしくはない試合だったのですから。

しかしそこは勝負の世界。
白黒がきちんとつけられなければならない世界。
厳しいけれど、それがこの世界たるルールなわけです。

お互いがお互いにしのぎを削り、
パラグアイの高い身長差にも果敢に立ち向かい、
パラグアイも日本の猛攻に苦しんだと思います。

だから私は両チームに健闘を讃えたい!
もちろん日本に勝って欲しかったという願いはありましたが、
これだけの一進一退の攻防を見せられてはねぇ…。

私はサッカーど素人なので「あそこはああすれば」なんて分析は出来ません。
岡田監督も考えがあっての采配だと思います。
いつだったか、こんなコメントが。「監督の仕事はただ一つ、決断すること」

罵倒の嵐を受け続けた岡田監督を責める人は、一部のアンチを除けば
もういないでしょう。「迷将」が「名将」に生まれ変わったのです。

だから岡田監督をはじめ日本選手の皆さんは、
胸張って日本へと戻ってきてもらいたいと思います。
アジアの底力を世界に見せつけただけでも大きな収穫だと思いますし。

次の4年後の闘いはもう始まっています。
青きサムライ達の挑戦はまだまだ、これからもずっと続くことでしょう。

日本サッカー界のさらなる邁進を願いつつ―

11倍の性能差?!

こんばんは。髪を切ると洗髪がラクで助かるgendです。いつもの半分の時間で済む!

やっぱり動作が安定しないなー。
おそらくこれ以上何をやっても無駄だと思うので、
もういっそのこと開き直って、これが限界と割り切るしかないかと。

一体このPCのCPUの性能は、
現在の最新鋭のものと比べるとどのくらい差があるのものなのか?
そこで、CPUのベンチマークを調べてみることにしました。

参考にしたページ:
PASSMARK CPU Benchmarks
CPU性能比較表
MAXIMUMs ROOM CPUパフォーマンス比較表

ここでは最新のCPUを”Intel Core i7 860″と仮定し、
上記サイトでこのCPUとマイPCのCPUを比較して、
何倍の差があるのかを調べました。

換算されたスコアがバラバラなので一概には結論づけられないが、
一番上のサイトの場合、その差はなんと約11倍!!
今のこのPCの処理能力が11倍もアップするとは信じがたい。

これだけアップするんだったら、ソフトの処理落ちなんて余裕でクリアっしょ。
OSを7にしてメモリも4~6GBほど積めば、ほぼ無敵のマシンになると思います。

最近のDAWは64bitにも対応しつつあり、一部のメーカーは対応済みのところも。
私が使っているSONAR8.5は既にこの64bitに対応しているようです。
有名なフォトレタッチソフトである「Photoshop」も64bitに対応したみたいですし。

そこで改めて今回購入したソフトの仕様を調べてみると、
64bitが「主」であり、32bitはあくまでも「準」という位置づけらしい。
対応ホスト表を見ると、一応XP32bitで、SONARへも対応可となっていますが…。

やはり新たなマシン購入は必然的となってきました。でも、もう少し情報が欲しいですね。

処理落ち

こんばんは。ドライ運転だけど、今シーズン初めてエアコンを使い始めたgendです。

昨日はさんざんゲームで遊んでしまったので、
今日は真面目に(?)、曲制作の続きを行ないました。
もちろん先日購入したソフトも使いながら!

クオリティーの高さには十分すぎるほど満足しているので、
あとはこれを使って打ち込みの修正をすればいいだけだから、
それなりに早く終わるだろうと思っていたんです。

しかし、ソフトを使ってみて初めて気づいた致命的な欠点が…!!

ソフトのあまりにも質の高さに、処理が追いつかないみたいなんです(汗
所々で音が突然鳴らなくなったり、プツプツと途切れたりなど、
まともに再生ができてない状態なんです。

一体なぜかと調べてみたら原因は一目瞭然。
CPUに負荷がかかりすぎていました。
再生中は常時50~60%近くも負荷がかかっているんです。

無論、他のソフトやアプリケーションなどは一切起動していません。
それなのにこれだけの負荷がかかっているんです。
つまり、パソコンのCPUがあまりにも力不足ということ。

SONAR側でもそれを考慮した設定はあり、既に調整済みなのですが、
これ以上調整すると今度は再生のタイミングが狂うなどの別の不具合が起こり、
結局こちらでも打開策となる糸口はありませんでした。

そこで、CPU負荷の軽減が出来ないかとネットで色々調べ、
フリーツールを使うなどで試してみましたが一向に改善されず。
相変わらず負荷がかかりすぎている状態です。

どんなに小手先のテクを使ったところで、
CPUそのものの処理能力が変わることはありません。
そう考えると、何をしても無駄なのかもしれないと判断しました。

…これはやはり限界ということなのでしょうか?
ついに我がPCも世代交代の時期が来たということでしょうか?
とうとう自作PCも視野に入れる必要が出てきました。

一応製作中の曲はどうにかして完成させたいけど、完成できるだろうか…。