M3-2010秋レポ(後編)

(前編の続き)

そのインスト系も音楽ジャンルによってまた多岐に渡るのですが、
個人的に好きなジャンルはテクノ・トランス系とオーケストラ系。
次いで民族音楽系でしょうか。ピアノソロもいいですね。

オリジナルでテクノ・トランス系ならいくらでもあるだろうと思い、
ジャケットのデザインからそれらしき曲をドンドンと視聴しました。
カタログのキーワード検索でもサークルを絞り込んでいきました。

いくつか試聴した中で、個人的にイイな!と思ったサークルは2つ。
ブースの場所をチェックして売り場へ向かいました。

片方は購入できたのですが、もう片方はなんと売り切れ!
あちゃ~遅かったか…。まぁでも仕方ない。

時刻は午後1時半。ここらでちょっと昼飯をということで、
会場近くにあるコンビニで適当に見繕って食事を。
風の強い外で飛ばされないようにある意味必死で食べました(笑)

ところで、今回のM3では個人的にもう一つ目的がありました。
目的というよりも人と会う約束をしていたのですが。

私がかつて「BMS」というものにハマり、
BMS制作をしていた頃にネット上で知り合った方なのですが、
今回M3に立ち寄るのでお会いできませんか?とお誘いを受けたんです。

オフラインで会うのはもちろん初めて。
事前に私の特徴を伝えておいて、待ち合わせ時間を決めておいたんです。
そして待ち合わせ場所で待つこと十数分、ついにお会い出来ました。

その方(以後Yさん)は今でもBMS制作で活躍をされているようでして、
BMS制作を引退してMIDI・DTMの世界へと移った私とは、
活躍する分野は異なれど、かつての同士ということで話が盛り上がりました。

話をしていくうちに、自分と趣向が割と似ていることがいくつか感じられました。
今や音楽制作では話題として外せない「ボーカロイド」。
また、同人でありながら全国でその知名度を確固たるものにした「東方」。

私はどちらも関心がないのですが、Yさんも同じだったんですね。
歌モノのBMSを制作しているけども、ボーカルは本物の歌い手に依頼しているらしく、
ボーカロイドには手をつけていないとのこと。

「ボーカロイドは声がみんな同じですから。本物の歌声には敵いませんよ」
とはYさんの談ですが、確かに伴奏が違うだけで歌声は同じだもんなぁ。
さらに一部の曲では自分で詞を書いて歌わせているとか。スッゲ~。

自分は作詞のセンスはまるでありませんので、
詞が書けない分、曲でカバーをしないといかんなぁ。

忙しい時間を縫ってお会いしてくださったYさん、本当にありがとうございました。
またどこかで(冬コミ?)お会いできればいいですね。

ところでBMSって何だ?という方は、すみませんが検索してお調べ下さい。
ウチのサイトにも関連リンクがありますので、行って頂ければ分かるかと。

こうして今回のM3もつつがなく終了しました。
その後はいつものメンバーでいつもの打ち上げ場所で盛り上がり、
終電の新幹線で帰路につきました。

戦利品を聞きながら、私も曲制作頑張りたいと思います。

M3-2010秋レポ(前編)

今回のM3は台風が接近していた影響もあり、
前日から東京入りしていた私にとってはあいにくの天気に。
でもまぁ当日は雨が降らなかっただけラッキーでした。

さて、M3の開場は午前11時半とわりと遅め。
1時間前には会場に到着して、待機列へ。
コミケと比べると1時間待ちなんざ大したたことありません(笑)

そして開場時間になると列が移動を開始。
私が今回事前にチェックしていたサークルは、
2階に集中していたので2階へ行く待機列で並んでおりました。

会場内に入ると、ほぼ正面に構えていたサークルが、
毎度お世話になっている「EtlanZ」さんのブース。
軽くあいさつをした後に、各ブースを回っていきました。

今回事前チェックしていたサークルは5~6あったのですが、
そのすべての新譜を買えたので、とりあえず満足。
時間にしても1時間もかからずミッションコンプリート。

そうなると、残りの時間が非常に暇になってしまうのですが、
今までは暇つぶしにひたすらウロウロするばかりだったのですが、
今回は違います。秘密兵器(?)を持参してきたのですからっ!

ポ~タブルCDプレ~ヤ~(←ドラ○もん風に)

そうです、先日ド○キで買ったCDプレーヤーです。
これがあれば試聴ブースで試聴ができるんです。

もちろん無くても会場内で借りれば試聴は可能ですが、
数に制限があるので無くなると空くまで待たなければなりません。
そのための待機列なんてのもちゃんと用意されているぐらいです。

しかし、これがあれば待ち時間なしで試聴が可能。
あぁ、買っておいてホントに良かった。

事前チェックしておいたサークルのほとんどは、
新規というか初めて訪れるサークルだったので、
それぞれの作品を購入するのも当然初めてです。

しかし、個人的趣味の偏りでゲーム音楽に特化したCDばかり。
たまには違った分野も新規開拓したいなぁと思い、
普段なら手をつけないであろうオリジナル曲の試聴をしました。

オリジナルと一括りで言ってもそのジャンルは多岐に渡ります。
女性ボーカルを起用した、いわゆる「歌モノ」の音楽や、
アマチュア声優を起用した「ドラマCD」もオリジナルです。

歌モノもドラマCDもサークルによってはかなりの大手の所もあり、
販売ブースを2ヶ所占有して売り出しているほどです。
そして、そういうブースほど行列が出来ているのもまた事実。

残念ながら私は歌モノやドラマCDには全然興味がありません。
いくら新規開拓したくても、趣味に合わないCDは無理して買う必要はなし。
私は断然、インスト系の音楽に尽きます。

(後半へ続きます)

サプリがまだ届かないよ

こんばんは。持参している水筒を熱いお茶に替えたgendです。

あさってのM3一般参加のために、
また明日から東京へ行って参ります。
その時のレポはいつも通り、まとめたらアップします。

今月初めに注文しているサプリがまだ届きません…。
海外製なので空輸されてくることは承知のうえですが、
それにしたって届くのが遅すぎるってものです。

「2週間くらいでお届け」と銘打っておりますが、
まったくのウソっぱちで、ホントに困りました。
税関事情などでそれ以上かかる場合もあるとはいえ、待たせすぎだろ。

注文時の控えメールに、
「3週間経っても届かない場合はご一報ください」
と書かれてあったので、クレームがてら先週メールを送りました。

で、今週の月曜に返事があったのですが、
いかにもテンプレートのような文面で反省の色がまるで無し。
おそらく到着が遅くなるってのは、珍しいことじゃないんでしょうな。

また、注文から30日経っても届かない場合は、
代金・送料無料で再送すると書かれていたのですが、
その再送でまた1ヶ月近く待たされることになるんじゃないの?

ホントにワケ分からん。怒りを通り越して呆れます。

Googleショッピングオープン

こんばんは。M3当日は台風が直撃するらしく、傘が必須なgendです。

Googleがついにショッピングサイトをオープンさせたようです。
http://www.google.co.jp/products

ショッピングサイト自体はアメリカなどで既に提供されていましたが、
日本でも今日になってサービスを開始したとのことです。

トップページには「最近検索された商品」が25個リストアップされており、
これだけでもトレンドというか、何が求められているのかが分かります。
ちなみにリロードするたびに変わります。

とりあず私も何か検索と思ったので、
試しに「CD」で検索してみたのですが、
何故かプレーヤーしかヒットされない(笑)

後半になってやっとCDそのものが検索れているようですが、
もう少しキーワードを絞ったほうがよさそうですね。

で、何かしらの商品の詳細を見てみると、
その商品を取り扱っている店舗の一覧がリストアップされます。
状態と価格まできちんと表示されていますね。

てっきりAmazonのように本当に商品を売り出すのかと思ったら、
そりゃそうか、Googleだもんな。検索させるのが一番の目的だもんな。

欲しい商品を検索して扱っている店舗をあちこち探す必要がなく、
すでに取り扱っている店舗をリストアップしてくれるのは助かる機能かも。
価格順にソートできるし、一番安く買える店も簡単に調べられますね。

だから、あとは価格ドットコムなどのサイトと比較して、
いちばん安く買える店を絞り込んでいけばOK、ってことかな?
まだパッと見なので使い易いかどうかは未知数ですが。

Googleもどんどんと進化するなぁ。普通にスゴイわ。