小ネタ?

こんばんは。次回作、ネタの候補はいくつかあるのに絞りきれないgendです。

先日三国6をプレイして気づいたこと。

キャラによっては適性の無い武器というのがあり、
その武器を使おうとすると攻撃スピードが低下するというハンデがあります。
もちろん気にせず使おうと思えば使えますが…。

なので、どの武器も自在に使いこなせるように
「天稟(てんぴん)」という印があります。
これを武器に装備すれば、適性が最大となり、自在に武器が扱えます。

槍だったら「槍天稟」、弓だったら「弓天稟」といった感じで、
各系統の武器それぞれに天稟があります。

さて、先日天稟印を取得するために、
王元姫に螺旋槍を装備していたときのことです。
螺旋槍は重量級の武器なので適性は低いです。

躯体よりも武器のほうが遥かに大きいので明らかにアンバランス。
でもそのギャップが妙に気に入ったので、
あえて非力キャラでプレイしてみようと思ったわけでして。

雑魚や武将を倒しまくって天稟印ゲージを増やしていったのですが、
なんかいつもとどこかが違うような気しました。もちろん攻撃スピード以外で。
ただ、その時は何が違うのかは分かりませんでした。

で、ようやく印をゲット出来たので、
せっかくだから印を装備して螺旋槍を使ってみようと思い、
印を装備してみたんです。

すると、やはり先程と同様に何か違和感が。
印を装備する前と後で何か、どこかが違ってるような気が…。

よ~く見てみると、印の装備前と後では、
武器を持ってるときのポーズが微妙に違ってました。

印無しの場合、重量級の武器を右手だけで持ち上げていることもあり、
身体が武器に持っていかれないように、上体をやや左に傾けているんです。

しかし、印を装備して適性が天稟になると、
上体はまっすぐになり、右手で普通に武器を持ち上げているではありませんか。
印無しは武器の一部が地面にめり込んでますが、印があると完全に離れてます。

螺旋槍が元から得意なのは鄧艾というゴツいキャラなんですが、
その時のポーズを無意識のうちに記憶していたのでしょうか。
元姫に装備させてしばらくしてから違和感に気づいたのはこのためだったのでしょう。

同様のことは、やはり適性が低い連弩砲にもいえまして、
構えているポーズは同じですが、走っているときのポーズに明らかに違いが。

印が無いと左手に持った武器を、こちらはやや武器に身体が持っていかれてますが、
天稟になると武器を腰の後ろに回して颯爽と走ります。

今まで適性のない武器は全く装備させていなかったので、
この微妙な違いに気づいたときは、なんと芸が細かいのかと驚きました。
逆に力系のキャラが素早さ系の武器を装備するとどうなるのかは未確認です。

注意深くみてると気付く小ネタってまだまだあるでしょうね。

進化とともに

こんばんは。好きなふりかけはごま塩のgendです。最近少しはまってます。

昨日のブログでヘッドフォン+アンプで10万超えって書きましたが、
むしろそのくらい投資しないと満足いく音が手にはいらないのかなぁ。
私の親父だってこれまでにかなりの機材を購入したはず。

親父はマニアではないけれどオーディオ好きで、
休日の空いた時間は大音量でクラシックを流しています。
親父はヘッドフォンではなくてスピーカーですけどね。

部屋はオーディオ機材でビッシリ!というわけではないですが、
見慣れぬ機材や何のために使うのか解らない装置があります。
じっくりと見たことはないけれど、そこそこ数あるんじゃないかな。

親父は聴くこと、私は聴いてて作ることが好きなわけですが、
親子揃って音楽好きときたもんだ。
親父は更に映画も好きで、リビングに5.1chスピーカー設置してるしね。

でも、心地いい音で心地良く音楽が聴けるって素直に嬉しいよね。
嬉しいというか素敵だなと思います。

今までは「ま、こんなものか」で音質に拘ったことはあまりしませんでした。
モニターヘッドフォンしか持ってなく、リスニング用が無かったのがその証拠。
それがだんだんと音質にも拘るようになったのはここ最近のことかな。

その背景には、音源やパソコンの進化があると思います。
昔は生楽器の音を収録した音源なんて当然無くて、
あったとしても一般人には手の届かない値段だったに違いありません。

その敷居がだんだんと低くなり、誰もが少しお金を出せば買えるようになり、
言うなれば自分専用のオーケストラ楽団を独占してるようなものです。

「キャラコレ1」で制作したカエルのオケアレンジは、
まさにこのリアルな音源をふんだんに使って制作した曲です。
そうするとね、単に聴くだけでは物足りなくなってきたんです。

音源がリアルならば、その音色を存分に響かせるアウトプットが必要だ。
ならばまずはちゃんとしたリスニング用のヘッドフォンが欲しい!
キャラコレ1を作り終えて1ヶ月もしない内にそう思いましたね。

だからヘッドフォンも多少価格帯の高いものを買おうと決めたのですが、
探している途中でヘッドフォンアンプなるものの存在を知り、
高級ヘッドフォンほどアンプが必要になるということが判ったんです。

なのでセットで購入しようかなと思っていたのですが、
その値段の高さについ閉口してしまい、現在に至ってるわけです。

でもアンプは買えば一生ものとはいかないまでも、
この先ずっと使い続けられるものだと思うから、
思い切って高額アンプを購入するのも選択肢の一つかもしれません。

まだ決断できてませんが近いうちに購入する予定です。予定…。

たけーよw

こんばんは。今日は一日中大雨。昨日出稼ぎに行って正解だったgendです。

ようやく一つに絞れた密閉型ヘッドフォン。
もちろん他の候補のヘッドフォンも魅力的ではありますが、
コメントやレビュー、使用目的などを総括して決めた結果です。

早速オンライン購入!…の前に、
いくつか疑問点があったので問合せをしてみることに。
昨日メールを送ったのですが、日曜日なのに返答がありました。

その返答の補足説明の中に、
見慣れぬ機種番号のヘッドフォンがありました。
同社製のようなのですが、こちらはやや割高のモデルでした。

しかしこのヘッドフォン、ポータブル可能というのが魅力的です。
イベント兼用ということも視野に入れると、
私が決めていたヘッドフォンは携帯性を無視したモデルでした。

まぁ遠征なんて年に数回だけだし、
携帯性がなくてもどうにかなるでしょ!と思ってましたが、
ポータブルでしかも性能的にもあまり遜色なさそうなのです。

小さなブースに存在感のある大きなヘッドフォンがあると、
作品よりもそちらに目が向かってしまう可能性も否定できません。
うむむ、こちらのモデルも気になります。

疑問を解消すべく質問をしたというのに、
さらに新たな悩みが増えてしまったという本末転倒状態(笑)
これも営業戦略なのでしょうか?騙されやすいからなぁ自分…。

ちなみに両者の値段の差は約7500円。
1万円も差が無いのですが、値段だけを見ると抵抗があるなぁ。
少しでも良いものを、が信条ですが、これはさすがに悩むわ。

去年新調したパソコン+ディスプレイは約30万円ほどしたけれど、
こちらは何のためらいもなくポーンとお金を出すことが出来ました。
それに比べると金額なんて小さいんだけど…、なんだろうこの器の小ささ。

もう一点、ヘッドフォンアンプについても質問をしてみました。
オススメの機種はナンデスカ?という身も蓋もない内容。
一応こちら側の鑑賞目的や環境を伝えておきました。

その結果、とあるメーカーのアンプを勧めていただいたのですが、
メチャメチャ高すぎる(汗
ヘッドフォンアンプ初心者の私でもこの値段は引いたわ。

仮に両者を購入した場合、軽く10万円を超えます。
ね?さすがにそこまでお金をかけるなんてことはね?
もう少し検討してみたいと思います…。

ひとまず、次の給料日まで待ってみるとするか…。

地方であるが故か…

こんばんは。何気にローソンの「塩むすび」が100円なのに美味しかったgendです。

こちら長野も昨日梅雨入りしたそうでして、
明日は大雨になるなんて予報が出ているものですから、
天気のいい(小雨降ってたけど)今日中にヘッドフォンの試聴をせねば!

ということで、安物ヘッドフォンを買った量販店へ行って、
試聴コーナーへと行ってみることにしました。

試聴コーナーといっても視聴できるのはオーテクとSONYだけという、
国産ヘッドフォンマンセーな偏ったコーナーです(笑)
私は別のメーカーのヘッドフォンを視聴したかったのに…。

しかし、私が知る限りここ以上に豊富に視聴できる場所を知りません。
ましてやここは長野。都会の家電量販店とは規模が違います。
ヨドバシのようにビル一つ使った量販店なんてありません(笑)

一通り試聴してみて、確かに出音は安物とは比較にならないほど素晴らしい。
どちらかというとオーテクの方が個人的には良い印象が持てました。
私が一番聞きたかったメーカーのが無かったのが残念でしたが。

そこで、次は行きつけの楽器専門店へ行ってみることに。
量販店よりも品揃えはイマイチだろうけど念のため、と思ってたけど、
予想以上に乏しかった…。

小さな駅ビルのワンフロアスペースですから、分かってはいたけれど。
もっとも、楽器専門店ですからそちらの方が充実しているわけですが…。

この店には顔なじみってほどではありませんが、
毎年SONARセミナーの案内やら相談に乗ってくれてる店員さんがいて、
今回のヘッドフォンとアンプについて一通り話をしてみました。

店頭にないヘッドフォンも取り寄せて視聴可能という話を聞いて、
最初は喜んだのですが、取り寄せたら買ってねという前提でしたので、
ちょっと考えさせてくれと話を保留にさせました。

しばらく話をしてみたのですが、
これといって特に有益な話を伺うことはできませんでした。
オーテクのカタログを貰った程度です(笑)

理想は目当てのヘッドフォンがあれば視聴してから購入するつもりでしたが、
やはり品揃えが貧弱な地方ではこの程度が限界なのでしょう。
無念ですが、これ以上はどう頑張っても情報収集は出来そうにありません。

コミケやM3などでも試聴用として使いたいこともあるので、
とりあえず次回夏コミに間に合わせるためにも、
今のうちから購入しないとエージングが間に合わなくなる可能性が。

少々高い出費になりそうですが、ハイエンドモデルですので文句は言えません。