ありがとうございました

こんばんは。打ち上げ会の「シュウォッチ大会」が大盛り上がりだったgendです。

5月1日、私の初参加イベントであったM3-2011春も無事に終わり、
翌2日は東京で丸一日過ごし、日付が変わることに長野へ戻りました。

改めて当日私のブースへお越しいただいた方々に、
心から感謝の言葉をお送りします。本当にありがとうございました。

個人的にはたとえ5枚でもいいから売れればと思っていましたが、
予想以上に枚数が売れたことに私自身が一番驚いています。
拙い作品ですが、少しでもお楽しみ頂ければ幸いです。

普段はM3へ一般参加していた自分がサークルとして参加する立場となり、
そのための準備が正直言って、これほど大変なものなのかと痛感しました。
そのせいで4月はホントにあっという間に過ぎてしまった、そう感じています。

また、同時進行でEtlanZ様が制作・企画を行った「ふっかつのじゅもん」へ、
いち参加者として参加出来たことも大変光栄でした。
あの菊田先生も参加されたほどの大きな企画とは、まさか思ってもいませんでしたよ。

プロとしてご活躍されている偉大なる作曲家の方々、
また、同人作家でもプロ並みの腕前を持つ方々に比べると、
自分の曲なんて霞んでしまっているほどヘタクソで、逆に申し訳なかったです。

この企画のために書き下ろした曲がボツを喰らってしまい(笑)、
急遽、クロノトリガーを提出したのは苦肉の策でした。
まともなマスタリングも出来ないまま提出してしまったのがホントに心残りです。

その後、クロノトリガーはさらに調整を何度も繰り返しております。
それでもやはり自分の納得いく出来栄えにならなかったのが悔しいです。
ミキシングもマスタリングも完全に我流なので、手ほどきを頂きたいくらいです…。

…とまぁ私の愚痴はこのくらいにして、肝心の「ふっかつのじゅもん」の中身ですが、
実に完成度が高くて、「これホントに同人CD?」と思えるほどの出来栄えです。
特に菊田先生の曲である20曲目「Whale」はマジでカッコイイです。

実は原曲はこんなに激しいテックトランスではなく、
ライブ用のBGMとして作曲された曲で、ホントはもっと静かなんだそうです。
それを対照的なテックトランスにアレンジされたのが、この「Whale」という曲らしいです。

制作にまつわる裏話は他にも数多くあるのですが、
それをここで書くのは野暮ったいのでやめておきます。

この「ふっかつのじゅもん」は期間限定販売であり、
また期間内であっても売り切れたら終了となってしまいますので、
同人ショップ各店でお早めにお買い求めいただくことをオススメいたします。

とりあえず、この連休中はのんびりとさせて下さい(笑) ゲームも解禁するぞぉ!