長財布で稼げるように!?

こんばんは。コミケ用の荷物搬入の準備で慌ただしいgendです。

稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?」亀田潤一郎:著

ふらっと立ち寄ったテナント書店の
売上ベスト10の第4位くらいにこの本がありました。
しばしパラ読みすると、なかなか面白そうだったので即購入。

家に帰って早速読んでみました。
ボリューム的にはそれほど多くなく、1時間たらずで読破。
けど、読み終えて「なるほどな~」と思える部分はいくつか見受けられました。

この本は「どんな長財布を買えば良いか?」ではなくて、
お金との向き合い方を著者自身の視点でまとめ上げた内容です。
長財布そのものについて語られているのは全体のおよそ半分も無いです。

個人的に特に興味深かったのが「200倍の法則」でした。
その人の年収は、使ってる財布の値段を200倍した位だというらしい。
1万円なら200万円、5万なら1000万円ということです。

ちなみにこの著者の職業は税理士。
職業柄お金を扱いながら、中小企業の社長さんの財布を見てみると、
およそ使っている財布の値段と年収に、こんな関係を見出したらしいです。

もちろんこの法則が絶対に当てはまることはありませんし、
億万長者の人だって二つ折りの財布を使っているかもしれません。
観察した人数が500人では、やや分母が少ないので信憑性に乏しいのが気になります。

「メタボな財布」はお金がやってこない、これも著者の持論の一つ。
本来の財布としての役割を超えて、レシートやポイントカードが入っていないか?
小銭もパンパンに入ってるだけでも財布が膨れ上がります。

その他にも、支払いはピン札で払う、ギザ十が入ってないかを調べる、
コンビニで現金を引き落とさない、収入より支出に注意せよ…などなど。

日常でのお金との接し方でお金があなたを好んでやってくるか嫌って遠ざけるか、
半ば風水にも似た感覚を思わせるような内容でしたが、
個人的にはさほど悪い気はしなくて、素直に買ってよかったと思える一冊でした。

ちなみに私はこの本を読む数年も前から長財布を使ってます。
しかし、あちこちで傷みが目立つようになり皮も褪せてくたびれています。
そろそろ買い替え時だとは思っていました。

すぐに高価な長財布を新調することは出来ませんので、
せめて本にかかれてあった「メタボ財布」をスリムにさせることにしました。
具体的な方法については、本を読んでみてください。

おかげで財布がかなりスリムになりました。
意外と不要なものや使ってないカードやらで財布は溢れかえってましたね。

ちなみに私の財布の値段まではさすがに失念してしまいましたが、
200倍の法則から逆算すると財布の値段がはじき出されるのですが、
およそ当たっているのではないかと思います。

かといって今すぐに5万円もする財布を買ったところで年収1000万円になるとは
どうしても考えづらいですし、要は身の丈に合った財布で構わないから、
お金とのつき合い方を少し意識してみよう、ということかもしれません。

今日もここまでお付き合い頂きましてありがとうございました。

ハーゲンダッツを買ってみた

こんばんは。蒸気の力でそうめんも作ってみたgendです。こちらはやや難易度高め。

「ハーゲンダッツ」を買ってみました。

…といっても、実は普段はアイスは全然食べません。
喉が乾いたら水かお茶を飲むようにしているので。

じゃあどうしてアイスを、しかもハーゲンダッツを買おうと思ったのかというと、
ハーゲンダッツを作っている工場は世界に4箇所しか無く、
その内の一つが日本の、群馬県高崎市にあると知って胸熱になっただけです(笑)

信州人なのにどうしてお隣りの群馬県で胸熱になったのかというと、
ホラ、一部ネットでの群馬県の取り扱われ方がちょっとアレですので…。
そんな群馬に誇れそうなハーゲンダッツのことを知ってスゲェと素直に思ったんです。

買ったのは「オレンジのクリームブリュレ」というアイスです。
開けて真っ先に目が行ったのは、中身のカラメルソース!
ホォ~、これだけでも他のアイスとは違ってますねぇ。

私はグルメではないので、具体的な味についてレポートを書くのは苦手です。
けど、高いだけあって値段相応の味ではないかとは思いました。
味が濃厚なので、量については多すぎず少なすぎずちょうどいいと思います。

でも個人的にはコレ一つ食べたら、もう十分かな~と思ってしまいます。
夏はこういった濃厚アイスより、氷菓子を食べたほうがサッパリしていいと思います。
なので、ハーゲンダッツと一緒に「ICE BOX」も買いました(笑)

こちらは元が氷なのでガリガリと噛んで食べられます。
しかもカロリーも極端に少ないので、単純に喉の渇きや身体を冷やすのに最適ですね。

今日もここまでお付き合い頂きましてありがとうございました。

まさかのランクダウン!

こんばんは。アーロンチェアに一度座ってみたいgendです。値段がすげぇ高いけど…。

ここ最近になって、Googleの検索アルゴリズムが更新されたせいか、
社内で扱っているクライアント絡みのサイトで、
Googleランクが一気に4になったサイトがありました。

ランク4ってかなり凄いです。(10段階評価で、10が最も高い)
相当良質な被リンクが貼られているのではないかと思います。
(※被リンクだけがランクの影響に全て及ぼすとは限りません)

そんな中、私のサイトは先日Googleランクが2になって喜んでいたのですが、
再び1に逆戻りしていました…orz

その代わり(?)、検索順位が今まで7~10位前後だったのが、
最近は3~5位を往復している感じになってます。
順位が上がってランクが下がるってどういうことなんだろう…?

とまぁこのように、検索エンジンのアルゴリズムは定期的に更新されます。
その都度SEO業者は対策を講じているわけですね。
もっとも、SEOの根幹ともいうべき部分は不変的かもしれませんが。

私のサイトが2から1に戻ってしまったのは、
明らかに良質な被リンクが貼られていないのが原因でしょう。
基本的にランクの高いサイトにリンクが貼られると効果は高めです。

私もリンクサイトへリンク設置の依頼をしているわけではないので、
いつまでたっても被リンクが貼られないわけですから、
そりゃあランクが下がってしまうのも無理はないかもしれません。

かろうじてランクが1になっているのは(ランクの最低値は0なので)、
SEOの基礎的な部分は対策しているからだと思います。
それすらもしていなかったら、多分ランクは0だと思います…。

ランクの値で一喜一憂しても仕方ありませんので、
とりあえず、今の検索順位がこれ以上下がらないようにしないといけません。
とはいえ、具体的にどうするかまでは分かりませんけど…。

今日もここまでお付き合い頂きましてありがとうございました。

蒸気のチカラ

こんばんは。コミケカタログがAmazonから届いたgendです。中身チェックは土日にでも。

昨日のブログの冒頭で、水大さじ3杯でゆで卵が作れたと書きました。
本当に作れたんです。マジでビックリしました。

情報元はNHKの某情報バラエティー番組です。
今年の猛暑と節電の影響で、省エネで料理を作るということで、
蒸気の力を使ってゆで卵を作る、というものでした。

ところで、「蒸気」と「湯気」の違いって何でしょう?
沸騰しているやかんの注ぎ口の付近をよ~く観察すると、
白い煙は注ぎ口から少し離れた場所から見えるのが分かります。

この白く煙のように見えるのが「湯気」で、
注ぎ口から湯気の間にある見えない部分が「蒸気」です。
蒸気が冷えて目に見えるようになったのが湯気、ということですね。

つまり、蒸気は沸騰しているお湯とほぼ同じ温度だと言えます。
水が水蒸気になると体積が約1650倍近くにも膨れ上がるので、
少量の水でも約100度の蒸気で容器(ここではフライパン)が満たされるわけです。

ということは沸騰している熱湯の中に卵がある状態とほぼ同じ。
違うのは熱湯か蒸気かだけです。

作り方は、常温の卵6個に対して水大さじ3杯をフライパンへ入れます。
そして卵を入れたら、必ずガラスのフタをしてから火をつけます。
ガラスのフタにしないと、中を確認することが出来ません。

まず強火で2分、次に中火で3分、最後に火を止めて9分待ちます。
あとは冷水にジャブジャブと卵を浸せば完成です。
あまりにも簡単すぎてあっけに取られます。

ちなみに卵が冷蔵庫から取り出したばかりで冷たいときは、
水を大さじ5杯にして、強火で3分、後は同じです。

出来上がった卵を丁寧に殻を剥いて、軽く塩を振ってパクリ。
黄身の位置が偏りすぎたせいか、一口目では黄身まで届かず(笑)
二口目で黄身にたどり着いたのですが、これが申し分ない硬さなんです。

本当に蒸気の熱だけでゆで卵が出来たのです。
いや、茹でてないから正確には「蒸し卵」かもしれませんね。

凄いのはこれだけではありません。
実は少ない水で調理をすることにより、
栄養素をほとんど損なわないというメリットもあるんですね。

例えばこの方法を応用すると、ほうれん草やブロッコリーを茹でるのにうってつけ。
水溶性のビタミンCがほとんど失われないので、
茹でて調理するよりも多くの栄養素が摂取できるんです。

その他にも応用次第では、そうめんやパスタを茹でたりご飯を炊いたり、
果てまたローストビーフまで蒸気の力で作れてしまうのだそうです。
本当に蒸気のチカラってすごいですね。

今日もここまでお付き合い頂きましてありがとうございました。