「CROSS×OVER」ザ・メイキング Part2

Part1はこちらからどうぞ。

さて、私は今回を含めまして、EtlanZ様の特設サイトをこれまでに4つ制作したわけですが、
毎回悩みのタネとなっているのが、キャラクターの配置です。

正直な話、特設サイトはキャラクターの存在だけで半分以上が成り立ってると思います。
キャラクターが無ければ非常につまらないサイトになると思うのです。
だからこそ、どのキャラをどこへ配置するのかは非常に気を遣います。

まず、とっかかりやすいキャラから配置していくのですが、
今回すぐに決まったのは、メニューへご案内するカーくんですw

gototop_off.png

 

 

 

 

 

 

 

 

うむ、ピッタリだw

SDキャラをたくさん描いてくださった野愛におしさんのイラストはどれも可愛らしいです。
実は、私が制作した全ての特設サイトに、野愛さんのイラストが使われています。

で、そんな野愛さんのイラストの中で個人的に一番ツボだったのが、

blackbom.png

 

 

 

 

 


 

 

 

黒ボン「あ・・・」

見た瞬間に思わず 「ンフッ」 って声が出ましたw
この数秒後の運命が手に取るうように分かりますねw

なので、最初はこの黒ボンを前面に押し出すべく、
「3.収録曲リスト」は、ボンバーマンのステージを意識して作ってみたんです。

list.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最初はブロックとかもオリジナルそっくりにしようかと思ったのですが
時間の都合もあったので、ざっくりと省略してこんな感じになりました。

あとは、「頒布情報」にいる魔王様とウシワカの組み合わせも好評でした。
ウシワカは途中から渡されたイラストだったのですが、
縛られている魔王様に斬りかかるという構図がピッタリ合うかなと思いましてw

ushiwaka.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、今回より初めて取り入れてみたのが、
ツイッターの共有ボタンと、フェイスブックの「いいね!」ボタンです。

twitterbtn.png

 

 

 

 

 

 

 

 

※上は画像ですので、実際には押せません。

むしろ、「なぜ今まで取り入れなかったのか」と思うくらいでした。
どのくらいの人にこのサイトがシェアされたかを示す一つの指標として、
いかにこのボタンが重要なのかってのが今回解りました。

何より、数値化されているので見ただけですぐに判断ができますよね。
M3の前日には500ツイートを達成したのですが、
サイト公開5日目でこの結果は、非常に満足いくものになったと思います。

さて、駆け足ではありましたが、「CROSS×OVER」ザ・メイキングは以上です。

まぁまだまだ苦労話を書き出せばたくさん出てくるのですが、このくらいにしておきます。
あとは、サイトを見てくれた方がどのように解釈するかですね。
気に入っていただけたら、是非とも本編のCDもご購入頂ければと思います。

最後までご覧頂きましてありがとうございました。

「CROSS×OVER」ザ・メイキング Part1

こんばんは。gendです。

先日のM3にて初公開となりました、EtlanZ様の新作「CROSS×OVER」の特設サイトを、
不肖ながら私が制作を担当いたしました。
キャライラストは私ではありませんが、それ以外の部分は全て自分が担当しています。

クロスオーバー CROSS×OVER

今回のCDのコンセプトは、
「昔のゲーム音楽も素晴らしいけど、今のゲーム音楽だってスゲぇんだぜ!」
っていうのを、古参も若者にも知ってほしいという願いがこめられています。

そのコンセプトを聞き、どんなサイトデザインにするかを考えたのですが、
やはり昔ながらのドットテイストと、今風の美麗なテイストを織り交ぜた感じにしようと決めました。

top

 

上は特設サイトのトップなのですが、

まず左半分がファミコンを表現してるってのは分かると思います。
右側は…、一応PS3のつもりです。ちょっとキビシイですねw

また、中央のテレビが右半分と左半分で違ってます。
左半分は昔懐かしのブラウン管テレビ(と、ブルースクリーン)。
右半分は現代の液晶テレビです。

さらによく見ると、キャラの後ろにグルっと輪を描いている矢印ですが、
最初はドットのようなカクカクした感じから、
だんだんと滑らかな曲線になっていくのがお分かりになるかと思います。

トップだけでもこれだけのネタを仕込んでみました。

次は、メニュー画面です。

 

 menu

1、3、5番をドット風に、2、4、6番を美麗風に分けてみました。

文字やボタンの枠や、マウスオーバーした時もそれぞれを踏襲させています。

 

 menuon

そして、それぞれのボタンのリンク先にある各コンテンツも、

ドット風、美麗風にイメージを分けています。

 

 menubar

ちなみに、1、3、5番の背景はFF6をイメージしています。

丁度CDにも収録されているので、ちょうどいいかなと思いまして。

あとは小ネタ的ですが、コンテンツの枠の色は、
左半分は「赤・青・黄・緑」のスーファミカラーで、
右半分は「紫・青・水色・黒」のPS2カラーをイメージしています。

 

border

 

 

ザ・メイキングPar1はここまで。Part2へ続きます。