「CROSS×OVER」ザ・メイキング Part1

こんばんは。gendです。

先日のM3にて初公開となりました、EtlanZ様の新作「CROSS×OVER」の特設サイトを、
不肖ながら私が制作を担当いたしました。
キャライラストは私ではありませんが、それ以外の部分は全て自分が担当しています。

クロスオーバー CROSS×OVER

今回のCDのコンセプトは、
「昔のゲーム音楽も素晴らしいけど、今のゲーム音楽だってスゲぇんだぜ!」
っていうのを、古参も若者にも知ってほしいという願いがこめられています。

そのコンセプトを聞き、どんなサイトデザインにするかを考えたのですが、
やはり昔ながらのドットテイストと、今風の美麗なテイストを織り交ぜた感じにしようと決めました。

top

 

上は特設サイトのトップなのですが、

まず左半分がファミコンを表現してるってのは分かると思います。
右側は…、一応PS3のつもりです。ちょっとキビシイですねw

また、中央のテレビが右半分と左半分で違ってます。
左半分は昔懐かしのブラウン管テレビ(と、ブルースクリーン)。
右半分は現代の液晶テレビです。

さらによく見ると、キャラの後ろにグルっと輪を描いている矢印ですが、
最初はドットのようなカクカクした感じから、
だんだんと滑らかな曲線になっていくのがお分かりになるかと思います。

トップだけでもこれだけのネタを仕込んでみました。

次は、メニュー画面です。

 

 menu

1、3、5番をドット風に、2、4、6番を美麗風に分けてみました。

文字やボタンの枠や、マウスオーバーした時もそれぞれを踏襲させています。

 

 menuon

そして、それぞれのボタンのリンク先にある各コンテンツも、

ドット風、美麗風にイメージを分けています。

 

 menubar

ちなみに、1、3、5番の背景はFF6をイメージしています。

丁度CDにも収録されているので、ちょうどいいかなと思いまして。

あとは小ネタ的ですが、コンテンツの枠の色は、
左半分は「赤・青・黄・緑」のスーファミカラーで、
右半分は「紫・青・水色・黒」のPS2カラーをイメージしています。

 

border

 

 

ザ・メイキングPar1はここまで。Part2へ続きます。