new3DSLLと初代DSを比較してみた

こんばんは。gendです。

このブログを書いている約5日ほど前に、new3DSLLが届きました。
DSの買い替えは初めてで、しかも今持っているのが、なんと初代DS!

巷ではすっかり3DSにシフトされてしまい、出てくるソフトもほぼ全部3DS専用。
中古ショップでも無い限り、DS専用のソフトを売ってるコーナーすら見かけなくなりました。

もはやすっかり過去の遺産となった私の初代DSですが、
今も電源を入れればちゃんと動きますし、どこも故障していません。
かといって、この先陽の目を見ることも多分無いでしょう。

そこで、現時点での最新機種であるnew3DSLLと初代DSを、
主に外観を比較して、どのくらい進化したのかを調べてみました。
すでに誰かがやっていて、二番煎じ、三番煎じでしょうが、一切気にしません(笑)

では、まずはこちら。
3dsvsds01
タを閉じた正面からの比較です。
一回り3DSの方が大きいですね。しかも完全にフラット。
初代DSは折り目のような角度がついています。

次に裏面。
3dsvsds02
3DSは印字されているのに対し、初代DSはシールが貼られていますね。
また、初代DSには昔懐かしのGBAカートリッジの挿入口が下側にありますね。
見た目的にも3DSの方がシンプルでキレイになっています。

次は画面を開いた状態。

3dsvsds03

こうすると、画面と本体の大きさがハッキリと違うのが分かりますね。
初代DSの上半分と3DSの3Dスクリーンが大体同じ大きさです。
タッチスクリーンは、1.5倍くらいは広くなっていますかね?

次は側面。

3dsvsds06
3dsvsds07

背景のダンボールは気にしないでください(笑)

これはもう歴然とした差が出ています。
初代DSの上半分の高さくらい、3DSは薄くなっていますね。
見た目も大きく変わって、3DSは本当にフラットなデザインになりました。

こちらは別角度からの側面。

3dsvsds08
こうして見ると、初代DSはずんぐりとしたボディですね。
なんかぺちゃんこに潰したオパオパのように見えるのは自分だけでしょうか(笑)
3DSはほぼ長方形に近い形で、小奇麗にまとまっています。

タッチペンも比較してみました。

3dsvsds05

3DSは初代DSに比べて、長く、太くなりました。
初代DSのタッチペンはこのままの状態では使ってなくて、
市販のアタッチメントでペンほどの長さと太さにして使っていました。

次は、電源を入れた状態です。

3dsvsds04

写真を撮った角度のせいもあるかもしれませんが、
それでもハッキリと判るのは、画面の明るさです。

3DSは明るさを自動で調節する機能がありますが、
初代DSにはもちろんそんな機能はありません(笑)
バックライトをオン・オフする機能はあります。

もう少し拡大してみましょう。

3dsvsds09

 

駆動部を揃えて開いた状態です。
いやーやっぱり画面の大きさが全然違いますな。

初代DSが発売されたのが、2005年3月24日。
new3DSLLは、2014年10月11日。
約9年半で、ここまで進化しました。

そもそも3DSと初代DSを比較すること自体がナンセンスですが、
二画面、タッチスクリーンという根本は今も変わらず同じ。

初代DSしか使っていなかった私にとっては、
3DSは、進化したDSというよりは、
DSという名を冠した、全く新しいハードというイメージ。

3DSも、最初に登場した時よりも少しずつ進化を遂げて、
3DS→3DSLL→new3DSLL となっていきました。

私はまた当面、このnew3DSLLをしばらく使っていくと思いますが、
果たして、3DSは更に進化を遂げるのでしょうか?楽しみですね。

長くなりましたが、ここまでご覧くださいましてありがとうございました!