new3DSLLと初代DSを比較してみた

こんばんは。gendです。

このブログを書いている約5日ほど前に、new3DSLLが届きました。
DSの買い替えは初めてで、しかも今持っているのが、なんと初代DS!

巷ではすっかり3DSにシフトされてしまい、出てくるソフトもほぼ全部3DS専用。
中古ショップでも無い限り、DS専用のソフトを売ってるコーナーすら見かけなくなりました。

もはやすっかり過去の遺産となった私の初代DSですが、
今も電源を入れればちゃんと動きますし、どこも故障していません。
かといって、この先陽の目を見ることも多分無いでしょう。

そこで、現時点での最新機種であるnew3DSLLと初代DSを、
主に外観を比較して、どのくらい進化したのかを調べてみました。
すでに誰かがやっていて、二番煎じ、三番煎じでしょうが、一切気にしません(笑)

では、まずはこちら。
3dsvsds01
タを閉じた正面からの比較です。
一回り3DSの方が大きいですね。しかも完全にフラット。
初代DSは折り目のような角度がついています。

次に裏面。
3dsvsds02
3DSは印字されているのに対し、初代DSはシールが貼られていますね。
また、初代DSには昔懐かしのGBAカートリッジの挿入口が下側にありますね。
見た目的にも3DSの方がシンプルでキレイになっています。

次は画面を開いた状態。

3dsvsds03

こうすると、画面と本体の大きさがハッキリと違うのが分かりますね。
初代DSの上半分と3DSの3Dスクリーンが大体同じ大きさです。
タッチスクリーンは、1.5倍くらいは広くなっていますかね?

次は側面。

3dsvsds06
3dsvsds07

背景のダンボールは気にしないでください(笑)

これはもう歴然とした差が出ています。
初代DSの上半分の高さくらい、3DSは薄くなっていますね。
見た目も大きく変わって、3DSは本当にフラットなデザインになりました。

こちらは別角度からの側面。

3dsvsds08
こうして見ると、初代DSはずんぐりとしたボディですね。
なんかぺちゃんこに潰したオパオパのように見えるのは自分だけでしょうか(笑)
3DSはほぼ長方形に近い形で、小奇麗にまとまっています。

タッチペンも比較してみました。

3dsvsds05

3DSは初代DSに比べて、長く、太くなりました。
初代DSのタッチペンはこのままの状態では使ってなくて、
市販のアタッチメントでペンほどの長さと太さにして使っていました。

次は、電源を入れた状態です。

3dsvsds04

写真を撮った角度のせいもあるかもしれませんが、
それでもハッキリと判るのは、画面の明るさです。

3DSは明るさを自動で調節する機能がありますが、
初代DSにはもちろんそんな機能はありません(笑)
バックライトをオン・オフする機能はあります。

もう少し拡大してみましょう。

3dsvsds09

 

駆動部を揃えて開いた状態です。
いやーやっぱり画面の大きさが全然違いますな。

初代DSが発売されたのが、2005年3月24日。
new3DSLLは、2014年10月11日。
約9年半で、ここまで進化しました。

そもそも3DSと初代DSを比較すること自体がナンセンスですが、
二画面、タッチスクリーンという根本は今も変わらず同じ。

初代DSしか使っていなかった私にとっては、
3DSは、進化したDSというよりは、
DSという名を冠した、全く新しいハードというイメージ。

3DSも、最初に登場した時よりも少しずつ進化を遂げて、
3DS→3DSLL→new3DSLL となっていきました。

私はまた当面、このnew3DSLLをしばらく使っていくと思いますが、
果たして、3DSは更に進化を遂げるのでしょうか?楽しみですね。

長くなりましたが、ここまでご覧くださいましてありがとうございました!

久しぶりにゲーム音楽の話題を

こんばんは。gendです。

最近iPhoneの話題ばかりだったから、
初心に戻って(?)ゲームに関する話題を2つほど。

友達にゲーム音楽聞いてるっていったら引かれた」(by HighGamers)

これは子供の頃にゲームとどのように接したかによって、
ゲーム音楽が好きになるかそうでないかが分かれるのでは?

私は子供の頃から典型的なゲーム好きでしたが、
そこからさらにゲーム音楽にも関心を持つようになったのがきっかけ。
そのきっかけを与えてくれたのがFF4。今でもベストオブFFだと思ってます。

もし、単にゲームだけを楽しんで、あー面白かったで終わってしまったら、
今の自分は無かったと思っても過言ではないと思います。

意外とゲームは好きだけど、音楽まではあまり憶えてないって人はいます。
会社の同僚も、昔はドラクエが好きだったけど曲はあまり憶えてないみたいですし。

もう一つ、

聖剣伝説2 リアレンジサントラ 8月8日発売」(by ファミ通.com)

「開発当時のMIDIデータをもとに」ってのが、すごく親密感を感じます(笑)
夏コミ前に発売されるから、購入後聴いて当日菊田さんにお会いできるチャンスか!?
(※菊田さんは、コミケ参加の常連でいらっしゃいます)

「とくに人気の高い楽曲を厳選」とあるけれど、どれなんだろうね。
ということで、勝手に予想してみました。

・天使の恐れ
・少年は荒野をめざす
・危機
・不思議なお話を
・風の焉わるところ
・未知への飛行
・予感
・愛に時間を
・子午線の祀り
・翼はもうはばたかない
・最後から二番目の真実

人気が高いというより、自分が好きな曲ですな(笑)
でも、鉄板といえば鉄板の人気曲だと思います。

当時の技術から見ても聖剣2の曲は本当に神がかっていて、
完成度がケタ違いなのが、今なお人気が高い理由の一つだと思います。
曲が聖剣2を名作として押し上げてる理由の一つなのには違いありません。

ツイッターを見る限り、今はこの作業の真っ只中のようですね。
あと2ヶ月ちょいですが、素敵な作品を期待しています。

今日もここまでお付き合い頂きましてありがとうございました。
それでは次回の更新でお会いしましょう。

隠れた名作だと思います

こんばんは。錦織圭はよく健闘したと思うgendです。さすがに世界4位の壁は厚いか…。

22日のブログの冒頭で、「クーラクエスト」のことを書きましたが、
今でもAmazonで売っているようですね。
もっともPS1かPS2でなければ遊べないのですが…。

どんなゲームなのかは適当に動画検索してもらえればいいのですが、
ゲームを通じての目的はたった一つ。
鍵をとって出口を目指す、ただそれだけのパズルゲームです。

まぁもちろん、そう簡単にクリアは出来るわけがなく、
数多くのトラップを避けたり、時にはあえてひっかかったりしつつ、
全150面+αをクリアしていきます。

あまりに面白くて2週目をクリアしたくらいです。
2週目はノーミスで最高得点を目指すことを目標にしてたのですが、
それもなんとか達成させました。

また、面によっては「裏出口」なるものが存在して、
その出口からクリアすると…?
みたいなオマケもありましたね。

個人的にはスゴクはまって最後までクリアしたゲームですが、
どうにも知名度的には低いようなので、残念でなりません。

PS最大の長所である3D描写をふんだんに活用しているので、
人によっては3D酔いを起こしてしまうかもしれません。

調べていないのですが、PSNでアーカイブで発売されてるのかな?
最近PSNに接続してないから分からないな…。
もし、発売されているなら買っちゃうかもしれない。懐かしくて。

今日もここまでお付き合い頂きましてありがとうございました。

トロイ無双も面白そうだな…

こんばんは。今日の睡眠時間は2時間程度だったgendです。仕事中はツラかった…。

「OROCHI2」のアマゾンレビューが、概ね高評価のようですな。
私は現時点では、封すらも開けてません(汗
いや、今はじっくりと遊んでいるヒマがないものでして。

それよりも、今日YouTubeで「トロイ無双」のプレイ動画を観たのですが、
こちらの方もなんか面白そうな気がしてきました。
巷での評判はあまりよろしくないようですが…。

もっともコーエーはこの手のアクションゲームは、
やたらと「無双」の二つ名をつけたがるので、
それにダマされてしまったせいかもしれませんが。

そういう意味では過去にプレイした「北斗無双」も、
どちらかといえばトロイ無双と似た傾向かもしれませんね。

OROCHI2は、お祭りゲーと聞き知っています。
もはや1000人、2000人斬りは当たり前なのでしょうか?
気になるんだけどなぁ…。一度プレイし始めると止まらなくなりそうだし…。

逸る気持ちをグッと抑えて、
やるべき事をまずは終わらせてからにしたいと思います。

今日もここまでお付き合い頂きましてありがとうございました。