生存報告

どうもお久しぶりです。gendです。生きてます。

急な活動停止宣言からおよそ5ヶ月が経ち、
早ければ来年から活動再開と明言したのですが、
残念ながらその願いは、まだ実現できそうにありません。
それどころか、来年もまるまる一年かかってしまう可能性も…。
せめて生存報告だけでもと…。
一体何をしていたのか、まだハッキリとお伝えはできないのですが、
「自分自身の将来のために、今の内にやっておきたいこと」
とだけ書いておきます。
この5ヶ月間でその基盤・土台を築いておきたいと思って、
同人活動を休止してでも始めてみたのですが、
やはり5ヶ月間じゃ無理があったよ!短すぎる!
まぁ言いたいことはまだまだあるけど、
グチっぽくなるしキリがないのでやめておきます…。
まだ開店休業状態が続いてしまいますが、
同人活動はいつか必ず復帰します!
話は変わってしまうのですが、
実は現在、とあるサイトのデザイン兼サイトリニューアルのお仕事(?)が
目下進行中でございます。
本来なら上記の「活動」を優先するために断るべきなのですが、
ちょっと今回ばかりは引き受けざるを得ない理由がありまして、
先月より本格的に制作の方を行なっております。
完成して納品後、相手方の許可が頂ければこちらでも紹介したいと思います。
予定では来年1月末までの完成を目指してます。
さて、久しぶりの更新となりましたが、これが年内最後の更新です(汗
明日からは、夏に行かなかったコミケに1年ぶりに出向きます。
今週は社会人になって初めての賞与(ボーナス)を頂き、
昨日は社内忘年会で温泉宿で一泊と、実に充足感のある週でした。
一方、先週の日曜日に部屋にあったテレビが突然映らなくなり、
メーカーに診てもらったら、マニュアルにも載っていないほどの
「非常に稀なケースで起こる重篤な故障」と診断されました…。
まぁこちらはその後色々あって、なんと無償で直していただけました。
危うく賞与が吹っ飛ぶところでしたので、ラッキーでした。
これで心置きなくコミケでお買い物ができるってものです(笑)
次回更新は、上記にもある通り許可が下りれば1月か2月頃の予定です。
ダメだったら…それこそいつになるか分かりません。
ということで皆様、良いお年を。

梅漬け作り

こんばんは。gendです。

実家で「梅漬け」作りの手伝いをしました。
梅干しではありません。干すんじゃなくて、漬けるんです。

この梅漬け作りは去年から始めたもので、
1年前に漬けた梅漬けを、細かに刻んでご飯のおともに食べてます。
新聞に載っていたレシピを切り抜いて保管してあったようです。

材料は、梅・赤紫蘇・酢・砂糖・塩。
この中で砂糖・塩・酢は料理の「さしすせそ」なので、
「さしす」梅、という名前らしいです。

さて、手伝ったというのは主に赤紫蘇の下ごしらえ。
買ってきた赤紫蘇は茎ごと袋詰にされているので、
これを紫蘇の葉だけにちぎる必要があります。

買ってきた赤紫蘇は4袋!
かなりの量なんですが、漬けるとめちゃくちゃ縮んでしまいます。

赤紫蘇は水洗いして水気を切ったら、
塩を振ってよーく揉むことで、アクが出てくるんですね。
このアク取りが美味しくさせるポイント。

アク抜きしたら、前もって大瓶に酢漬した梅の酢を使って、
赤紫蘇をさらに揉むことで、赤紫蘇の赤味が増します。
これを2回ほどやって酢と赤紫蘇を瓶の中へ入れます。

この作業を4回ほど繰り返して、全ての赤紫蘇を瓶へ投入。
あとは砂糖を半日に1~2回に分けて入れます。
こうすると、梅がフニャッとせず、カリカリとした食感になるそうです。

ところで、冒頭にも書いたように今回作ったのは梅漬けです。
なので、食感は柔らかくなくカリカリしています。

私は同じ梅ならカリカリした食感がの方が好きです。
しかも自分だけではなく、信州人の特徴でもあるらしいんです。
シワシワ梅よりカリカリ梅!あー、口の中が酸っぱくなってきた(笑)

種までじっくり浸かるには、まだまだ時間がかかりますから、
それまでは去年漬けた梅漬けを夏バテ防止も兼ねて食べようと思います。

手間はかかりますが、その分保存も利くのでいいですよ。

今日もここまでお付き合い頂きましてありがとうございました。
それでは次回の更新でお会いしましょう。

iPhoneをしばらく使ってみて

こんばんは。gendです。

iPhoneに乗り換えてから約2週間が経ったわけですが、
今のところ「不便だなぁ~」と感じたことは特にありません。

アプリもあれから色々と探してみたのですが、
実際にダウンロードしたのは20個くらいです。しかも全部無料。
それでも20個全部は使ってなくて、せいぜい10個くらいですね。

中でも特に役に立っているのがLED懐中電灯アプリ。
写真を撮る時に使うフラッシュの明かりを懐中電灯代わりにできるというもの。

仕事で最後に職場を出るとき、鍵をかけてビル入口にあるセキュリティロックするまで
超薄明かりの中を歩いていくので、このアプリは非常に便利です。
なお、廊下に電気が点いてないのは、ビル管理者がそういう風にしているためらしい(笑)

次に便利だと思ったのが、その名も「iPhoneの説明書」というアプリ。
これはつい最近ダウンロードしたのですが、基本操作から意外な使い方まで、
画像つきで丁寧に分かりやすく解説されています。

ゲームアプリは意外にもあまりダウンロードしていなくて、
「漢字力診断」という漢字好きの自分が迷わず食いついたアプリや、
1ドットの敵(?)を延々とつぶす「One-dot enemy」というアプリくらいです。

考えてみたら自分のライフスタイルの中でゲームアプリをする時間ってあまり無いんですよね。
私は通勤は徒歩だから、歩きながらゲームなんて危険だから出来ないし、
ネットをするにしても、職場にPCがあるから調べ物も全部こっちで出来てしまうし。

家でも自室のPCでネットや動画を楽しめるので、
わざわざiPhoneを使うまでもないんですよね。
音楽聴くときはiPodがあるから、こっちに音楽データを落とす必要も無し。

アプリの数が少ない上に、標準アプリでも使わないのがいくつかあるので、
ホーム画面にあるアプリをジャンル別・利用頻度別で分けてみたら、
見事に1ページ目で全て収まってしまいました(笑)

私の場合、真にiPhoneの利用価値が発揮されるのは上京した時でしょう。
乗り換えや終電案内などは、アプリの力を借りなければなりませんし、
見知らぬ土地ではマップが大活躍するでしょう。

それでも上京するのは年に数回程度ですから、使う機会はごくわずか。
日頃iPhoneをグリグリといじくり回している時間は思ったよりも少ないです。
1日の大半がほぼ待受状態なので、皮肉にもバッテリー消費は少ないです(笑)

iPhoneのアプリを見れば、その人の人となりが大体推測できそうですよね。
外を飛び回るビジネスマンなら仕事効率化のアプリがメインでしょうし。
暇つぶしメインならゲームアプリがズラッと入っていそうだし。

結局使う人のライフスタイルに依るんだなぁ。
あなたがお持ちのiPhoneにはアプリはいくつ入っているのでしょうか?

今日もここまでお付き合い頂きましてありがとうございました。
それでは次回の更新でお会いしましょう。

iPhone4Sデビュー!

こんばんは。gendです。

5年近くも愛用し続けてきたガラケーが、
今年の7月下旬に電波のなんちゃらが関係して使えなくなるので、
これを機にスマホに乗り換えようと、1年以上前から望んでました。

で、先日の日曜日についにiPhone4Sに機種変更をしました!
人生初のスマホデビューです!
ガラケーに出戻らないようにしないといけませんな(笑)

機種変更したと同時に、大学の頃から契約していたau(旧:IDO)から
softbankに鞍替えしました。不思議な事に未練は全くない(笑)

契約した当日に、すぐにアクセサリーを買うためにドンキへ。
キズ保護シートとケースはデフォなので、とりあえずこの2つを購入。
充電器もいずれ必要になるけど、それはもう少しネットで情報収集してから。

別段種類が豊富ってわけじゃなかったので、
とりあえず今ある在庫の中から選ぶことに。
シートはまだしも、ケースがなかなかいいのが見つからない。

というのも、iPhoneに機種変更する前から、
選ぶなら「透明なケース」と決めていたからです。

iPhoneって機能面でも優秀なのは周知の事実ですが、
この見た目のデザインやフォルムも含めて、「iPhone」なんです。

だからその完成されたデザインを覆ってしまう色つきのケースでは、
せっかくの機能美が失われてしまうと思うのです。

最大限にこの美を活かすのなら何もつけないのがベストですが、
そうはいってもキズや衝撃から多少なりとも守ってくれるものが欲しかったので、
出来るだけ失わないためには、透明ケースにするしか無いと思ったんですね。

透明なおかげで、背面のアップルがとてもはっきり見えて栄えています。
衝撃から守るためにケースは固めの素材のものを選んだので、
やや厚みが増してしまいましたが、これくらいなら許容範囲でしょう。

その後無料アプリなどを探す旅に出ており、
天気予報、乗り換え、辞書、QRスキャンなどを落としてみました。
無料ゲームも興味がありますが、それはまた追々ということで。

音楽は別持ちのiPodで聞けばいいのですが、
一応iPhoneからもどんな感じで聞こえるかも試してみようかな。

わりかし時間のある今だからこそ出来るってものです。
しばらくはiPhoneが手放せない生活になりそうだな~。

今日もここまでお付き合い頂きましてありがとうございました。
それでは次回の更新でお会いしましょう。